動物たちを飼育する上で去勢・避妊問題は避けて通れません。また、避妊目的だけではなく病気の予防へも繋がってくる面があります。
避妊は全身麻酔下で精巣を摘出する手術、避妊手術は全身麻酔下で子宮と卵巣を摘出する手術を指します。
それぞれどちらも、生後6ヶ月前後で行います。当ページでは家族の皆様が手術へご安心いただける様、
どの様な処置を行うのか説明をさせていただきます。

去勢・避妊によるメリットとは

去勢手術のメリット

  • 尿マーキングの減少
  • オス同士の争いや攻撃性が抑えられる
  • 望まない繁殖を避けられる
  • 病気予防(前立腺肥大、精巣・肛門周囲の腫瘍、会陰ヘルニア)

避妊手術のメリット

  • 望まない繁殖を避けられる
  • 偽妊娠症状の予防
  • 発情時トラブル防止(出血や体調不良)
  • 病気予防(子宮蓄膿症、卵巣腫瘍、乳腺腫瘍)

手術の流れについて

手術前の対応

手術の前は診察と検査を行う必要があります。手術前検査日と手術当日の2日間ご予約をとって下さい。
主には麻酔によるリスクを最小限に抑え、より安全に手術を行うため、血液検査とレントゲン検査を実施しております。

また、合わせて見た目では分からない異常(先天性疾患や全身性疾患)を早期に発見し対処することも目的としています。
なお、検査は手術日の1〜2週間前に行い、検査当日は6時間以上の絶食した状態でお連れ下さい。

【主な実施項目】
血液検査:CBC、血液化学検査
レントゲン検査:胸部(心臓、肺、気管の評価)

手術の当日

手術当日の午前中にお預かりします。ご予約したお時間にご来院ください。
なお、手術前日の夜9時以降は食事を与えず、当日は朝からお水も飲ませないようにして下さい。

手術は原則、お昼に行います。その日の診療状況より前後する場合がありますがご了承下さい。
手術終了後、麻酔から覚醒した頃(17時など)にご家族の方からお電話で様子の確認のご連絡を下さい
お問い合わせ時の状況によりお迎え時間を決めております。

去勢手術・猫の避妊手術では当日にお迎えが可能です。犬の避妊手術やその他の手術では1泊2日となります。
お迎え時に獣医師から手術の内容、術後のケア方法を説明致します。犬の去勢手術ではエリザベスカラーを、避妊手術では術後服を着させていただきます。

手術後の注意

犬猫の避妊・犬の去勢では2〜3日後に傷のチェック、1週間後に抜糸を行います。
猫の去勢では抜糸が必要のない術法で実施しますので、そのまま普段通りの生活へ戻してあげることができます。

手術後は性ホルモンの影響により基礎代謝量が落ちて太りやすくなります。
そのため適切な療法食が必要になる場合があります。またメス犬では避妊手術後に、ホルモン反応性の尿失禁になることがあります。

手術の料金について

別途設けております、料金についてをご参照ください。
なお、大田区では猫の手術について助成金が出ます
去勢は4000円、避妊では8000円が補助されますので、合わせてご検討ください。