腫瘍科とは

当院では腫瘍科認定医が診療を行っています。
体にできたいわゆる「しこり」が良性か悪性かを判断し、治療の必要性を考えます。
早期に適切な診断、治療を行う事で腫瘍が悪性でも根治的な手術が可能なこともあります。
当院では腫瘍科認定医による迅速な診断とエビデンスに基づいた専門的な治療を行う事で、少しでも動物達のQOLを改善したいと考えています。

飼い主が見つける腫瘍疾患の症状

  • 体にしこりができた
  • 何となく、元気・食欲が落ちてきた
  • 以前に比べ痩せてきた

担当医

上野 雅祐

経歴
獣医腫瘍科II種認定医。
千葉の動物病院グループにて画像診断を主に行う。
その後、神奈川の外科専門機関にて一般外科、整形外科に携わる。
ペンシルヴァニア大学放射線科や、日本小動物がんセンターの研修医を経る事で
幅広い腫瘍疾患への対応を行ってきた。

画像診断が得意で、素早く的確な診断から外科・抗がん剤などの専門的な治療を行なっている。

当院で行っている腫瘍診療

① 細胞診による腫瘍の評価。


小さな針を腫瘍に刺す事で細胞を採取し、悪性か良性かの判断を行います。
動物への痛みが少なく行える検査です。

② 画像診断による腫瘍の広がり、転移の正確な評価


①の検査で悪性だった場合は腫瘍が他の臓器に広がっていないかを評価します。
エコー検査とレントゲン検査を行う事で、麻酔をかけることなく肺や、肝臓、リンパ節などエコー検査とレントゲン検査を行う事で、麻酔をかけることなく肺や、肝臓、リンパ節などに転移していないかのチェックを行う事が可能です。

③ 外科による腫瘍の摘出術


① の検査で悪性腫瘍の場合には手術が必要になることがあります。

複数の麻薬系麻酔薬を使用しての手術で、最大限に鎮痛を行い動物への負担を少なくしています。難しい手術の場合には外科専門医と協力して手術を行うこともあります。

④ 抗がん剤による腫瘍摘出後の補助治療、または手術が不可能な症例に対する補助治療。


手術が難しい場合や抗がん剤治療が有効な腫瘍に対して行う治療です。
静脈注射や経口投与など抗がん剤の種類により様々な投与方法があります。
分子標的薬など動物にとって負担が少ない薬もあります。

犬で多い腫瘍の病気

犬の肥満細胞腫

犬の体にしこりができたときに第一に疑う腫瘍です。
悪いものでは赤く腫れたりしますが、良性に近いものでは様々な見た目になるため注意が必要な腫瘍です。
腫瘍のグレード(悪性度)により治療が異なり、早期診断により完治させる事も可能です。
グレードにより手術、抗がん剤、分子標的薬などの選択が異なります。

症例

内臓型肥満細胞腫の一例

肥満細胞腫中でも内臓から発生する珍しいタイプです。
食欲不振を主訴に来院されましたが、体表に腫瘤を認めず、エコー検査で腹腔内のリンパ節の腫大を認めました。
FNAという、細い針で細胞を採取し肥満細胞腫と診断、抗がん剤治療を行いました。
通常の肥満細胞腫に比べ、予後が悪く早期診断が望まれる腫瘍です。

猫で多い腫瘍の病気

猫のリンパ腫の一例

猫では胃腸管のリンパ腫が多いですが、このようにリンパ節が腫れて気づくこともあります。頸部のリンパ節のみ腫大が認められたため摘出術を行い、病理検査によりリンパ腫と診断しました。診断後は抗がん剤による治療を行なっています。

その他の症例報告

巨大な脾臓腫瘍摘出

14歳 ヨークシャテリア
食欲不振を主訴に来院。エコー検査で脾臓に巨大腫瘍が見つかりました。
写真のように、腫瘍は大きく、左の尿管や腎臓、膵臓を巻き込んでいましたが、丁寧に剥離切除する事で、障害を残す事なく摘出できました。

手術後に抗がん剤治療も行い、経過も順調に治療を終えました。

腸管腫瘍摘出

13歳 柴犬

健康診断の超音波検査で小腸に腫瘍が見つかり切除を行いました。
写真のように腫瘍は肉眼では分かりづらく、病変の初期と考えられます。
腸切除後、内腔からの3-shot Gambee、Back-wall Gambee縫合という特殊な縫い方を行っています。
無症状の早期のうちに手術を行う事で、腺癌という悪性腫瘍にも関わらず根治的な治療が達成できました。
術後に嘔吐、下痢などの症状も認めていません。

前肢軟部組織肉腫

15歳 雑種
数年前から徐々に腫瘍が大きくなり来院。
脂肪腫と指摘されたとの事でしたが、悪性の腫瘍(軟部組織肉腫)でした。
前肢は皮膚のゆとりがなく大きく切除することが難しいのですが、完全摘出が出来ました。
術後の歩行も問題なく可能でした。

PAGE TOP