ご挨拶

当院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。上池台動物病院・院長の上野 雅祐(うえの まさひろ)です。

私は幼稚園の頃、飼っていた犬を亡くしてから獣医師を目指し始めました。 大切なパートナーと別れた時に『もっと適切な医療が受けられていたら・・・』という強い思いを抱き、獣医師として現在に至っております。

また、ご縁から令和元年となる2019年、20年の歴史を持つ当院の院長へ就任いたしました。

「専門治療」と「覚悟・責任」の双方が重要

私自身は獣医師キャリアとして、前職医院での夜間救急対応や外科専門機関にて手術を担当、多くの重篤な症状の動物たちと向き合ってきた経験があります。

その中で、言葉で伝えることのできない動物たちへの治療は覚悟や責任といった意識的な側面、実際に命を救う専門的治療の側面のどちらも大事だと痛感いたしました。 そして、その様な経験から海外でのセミナーや国際学会、海外大学への短期留学などでジャンルに囚われない幅広いスキルを磨いてきました。

また、当院では私自身の経験と腫瘍科認定医の知見を活かし、外科・麻酔・皮膚等の専門的で総合的な治療をご提供していきたいと考えております。

当院の目指す『スペシャリストホームドクター』とは

ご存知の通りですが、動物は人と異なり言葉で辛さを伝えられません。そのため、パートナーの異常へ気づいた時には予想以上に病態が進んでしまっていることがあります。 ですので、最初の受け口であるホームドクターがいかに異変へ気付けるか、その重要性を強く感じております。

当院が目指す動物病院は、ホームドクターでありながら専門医療を持ち合わせる『スペシャリストホームドクター』です。獣医師や看護師、スタッフが一丸となって皆様のパートナーへトータルケアを提供することで、 皆様のご心配をできる限り取り除きたいと考えております。ご不安な事があれば些細な内容でも是非、お気軽にご相談下さい。

上野 雅祐

PAGE TOP