軟部外科・整形外科について

あらゆる外科手術に
対応するために

外科では軟部外科・腫瘍外科・整形外科の専門診療を行っています。
軟部外科では、小腸などの消化管外科やヘルニアなどの整復術、腎・泌尿器などの手術が対応可能です。腫瘍外科では腫瘍科認定医が腫瘍の摘出術を行います。
整形外科 に関しては外科専門医と提携し、骨折・膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂などの専門治療を行っています。

当院の軟部外科・
整形外科の特徴

01 豊富な手術実績を持つ
専門医による執刀

当院では腫瘍科認定医を持つ獣医師により手術を行なっています。
またWVC(海外セミナー)やHJS(国内外科セミナー)に参加することで最新の手技を手術に生かしています。

02 高度な症例でも
対応可能な充実の手術設備

当院では幅広い疾患に対応できる様に最新の設備を導入しています。
手術専用の手術室には血管凝固装置、整形用ドリル、内視鏡、歯科ユニットなどを用意し幅広い手術を可能にしています。

ソニシジョン

超音波凝固切開装置。組織の迅速な切開と止血性能の確保を可能にします。コードレスとなっているため細かな操作が可能です。大きく、多数の血管が入り込んだ腫瘍において素早い血管処理により手術のスピードを早くし、動物への負担を軽減することが出来ます。

ストライカー(電動マイクロドリルシステム)

整形外科の時に使用します。先端のアタッチメントを変える事で様々な用途に使えます。骨折におけるピンニング、プレート固定時のドリリング、椎間板ヘルニアにおける骨の切削など精密な処置が可能です。骨折整復、膝蓋骨脱臼整復、前十字靭帯断裂整復で主に使用します。

内視鏡

謝って飲み込んでしまった異物の摘出の際に使用します。様々な鉗子を使用することで開腹手術をしないでのアプローチが可能です。その他には、下痢・嘔吐の際に消化管精査としての生検が可能です。

超硬剪刀ノアールメッツェンバウム

チタン合金コーティングと超硬チップにより通常の手術で使用するハサミに比べ切れ味と耐久性に優れています。全ての外科手術の際にこの特別なメッツェンバウムを使用しています。

03 セカンドオピニオンにも対応
軟部外科から整形まで幅広い疾患に対応

外科専門医と連携することで軟部外科のみならず整形外科まで治療を行う事が可能です。

セカンドオピニオンを
ご希望の方

診療対象

当院ではセカンドオピニヨンでの治療にも対応しています。
ご希望の方は以下の物を持参してご来院下さい。

  • 狂犬病、混合ワクチンなどの証明書
  • 血液検査、画像検査、細胞診・病理検査などの各種検査結果
  • 現在までの経過が分かる報告書(有ればで大丈夫です)

対応している具体例

  • 他院で設備的に難しく手術を断られた
  • 他院で高度医療の動物病院を勧められた
  • 大きな二次診療施設を勧められたが、寄り添った治療をしてくれる病院で治療したい
  • 手術での治療が良いのか内科での治療が良いか悩んでいる