大田区・西馬込駅で動物病院なら上池台動物病院

スタッフブログ BLOG

猫の伝染性腹膜炎(FIP)は他の猫にうつる?FIPの感染経路について

猫の伝染性腹膜炎(FIP)という病気をご存じでしょうか。この病気は、発症してしまうとほぼ100%の猫ちゃんが死んでしまうというとても恐ろしい病気です。 今回は、伝染性腹膜炎について、その原因と感染経路について解説していきます。

伝染性腹膜炎とはどんな病気?

まず初めに、伝染性腹膜炎とはどのような病気なのか見ていきましょう。 伝染性腹膜炎は、ウェットタイプとドライタイプの2つのタイプに分かれます。どちらのタイプであれ、発症してしまうと、熱が出てしまう、吐いてしまう、下痢をする、食欲が落ちる、体重が落ちてしまうといった様々な症状が現れます。 ウェットタイプの場合は他にも、胸の中に水が溜まってしまう(胸水貯留)ことで呼吸が苦しくなることもあります。 ドライタイプであれば、病変部の場所によりぶどう膜炎や脈絡膜炎といった目の症状や、発作やうまく歩けない・動けないといった運動失調が現れることもあります。 伝染性腹膜炎での症状は、他の病気でも現れる症状が多く、症状だけ病気の判断がつきません。 一般に、この伝染性腹膜炎は1歳未満の若齢の猫ちゃんや純血種の猫ちゃんで発症が多いと報告されていますが、どの年齢どの品種であっても発症する病気です。 致死率の高い怖い病気であるため、お家の猫ちゃんの調子がいつもの様子と違う、体調を崩しているときは早めにかかりつけの動物病院を受診するのが良いでしょう。

伝染性腹膜炎の原因は?

病原ウイルス:ニドウイルス目コロナウイルス科コロナウイルス属 猫コロナウイルス(Feline Coronavirus:FCoV) 猫の伝染性腹膜炎は、猫コロナウイルスというウイルスが原因になります。更に、この猫コロナウイルスは2つの生物型(バイオタイプ)に分類されます。
  1. 猫腸コロナウイルス
  2. 猫伝染性腹膜炎ウイルス
1つ目の猫腸コロナウイルスは、ほとんど病原性がないか、あるいは弱い下痢を引き起こす程度の比較的病原性の弱いウイルスです。一方で、2つ目の猫伝染性腹膜炎ウイルスが猫伝染性腹膜炎を引き起こす病原性の強いウイルスです。これら両者は、病原性は大きく異なりますが遺伝子学的にも形態学的にも区別することが出来ないものです。 これらのバイオタイプが存在することは、ウイルスの突然変異に由来すると考えられています。もともと猫腸コロナウイルスに感染している猫ちゃんの体内で、猫腸コロナウイルスが病原性の強い猫伝染性腹膜炎ウイルスに突然変異をしてしまうという説が有力です。猫腸コロナウイルスを持っている猫ちゃんが多くいるのに対して、その中の一部の猫ちゃんにのみ猫伝染性腹膜炎ウイルスが発症することがこの説の裏付ける要因です。 ウイルスの病原性が強くなるといった突然変異がなぜ起こるかについては、まだまだ完全に解明されていない部分もあります。遺伝子の突然変異により、体内に入ってしまったウイルスが免疫細胞内で持続的な増殖と全身感染を起こすことが猫腸コロナウイルスから猫伝染性腹膜炎ウイルスへの変異に大きく関わっているのではないかと考えられています。

どうして伝染性腹膜炎を発症するの?

猫伝染性腹膜炎の発症には、様々要因が関わっていると言われています。その中でも特に重要な要因として、ウイルスの病原性と発症した猫ちゃんの免疫状態が挙げられます。 ウイルスの病原性については、前述の通りにウイルスが突然変異により強い病原性を獲得してしまうことが要因になります。 猫腸コロナウイルスは、口や鼻から体内に侵入し、腸に運ばれ、腸の粘膜の細胞に感染し増殖します。その後、腸粘膜で増殖したウイルスは免疫細胞に取り込まれ、免疫細胞内でもウイルスが増え続けてしまい感染が持続することで、ウイルスに感染した免疫細胞が血流に乗って全身へと感染が広がってしまいます。こうしてウイルスが全身に広がることで様々な臓器や血管に炎症を起こしてしまいます。 また、猫伝染性腹膜炎に感染した猫ちゃんの免疫状態は、病気を発症した際の病状の現れ方にも関係しています。免疫のはたらきには、細胞性免疫と液性免疫の2種類あり、このうち細胞性免疫のはたらきの強さが、猫伝染性腹膜炎の2つあるタイプ(ウェットタイプかドライタイプ)のどちらに進行していくかに関わっていると考えられています。 細胞性免疫がほとんどはたらいていない場合、より病気の進行が速いウェットタイプになってしまいます。一方で、細胞性免疫がある程度働いていると慢性的な免疫障害を起こすことでドライタイプに進行していきます。 これは、猫伝染性腹膜炎を抑えていくのは主に細胞性免疫であり、液性免疫によって作り出された抗体では猫伝染性腹膜炎ウイルスやウイルスに感染した細胞を除去していく効果がないからだと考えられています。

ウイルスの感染経路は?

これまでのお話の通りに、猫伝染性腹膜炎ウイルスは突然変異により生じるものであり、外部から猫ちゃんへと感染するわけではありません。 しかし、猫伝染性腹膜炎ウイルスの変異元となる猫腸コロナウイルスは、感染している猫ちゃんの糞便から口や鼻が入口となり、体内へ侵入してしまいます。 更に、猫腸コロナウイルスは感染力が強く、他の猫ちゃんから簡単に感染が成立してしまいます。猫腸コロナウイルスに感染後、生涯に渡ってウイルスを持ち続ける猫ちゃんもいますが、一般的に感染は一時的なものです。そのため、猫ちゃんが猫腸コロナウイルスに感染していたことに気づかないこともあります。 多頭飼育といった複数の猫ちゃんがいる環境では、糞便の管理に気を付けて、清潔な衛生状態を維持できると良いでしょう。 猫腸コロナウイルス自体は、乾燥した環境では7週間感染力を失わないですが、ほとんどの家庭用洗剤やアルコールでウイルスを倒すことが出来ます。こまめな掃除、消毒を行うことが大切です。

他の猫にもうつる?

猫伝染性腹膜炎は、「伝染性」という名前から他の猫ちゃんへの感染性が高いと誤解されやすいですが、実際に猫伝染性腹膜炎が他の猫ちゃんにうつってしまうということは非常に稀なことです。 しかし、台湾のシェルターで猫伝染性腹膜炎が集団発症を起こしたという報告されており、実際にブリーダーや過剰な多頭飼育の環境下で同時に複数の猫ちゃんが猫伝染性腹膜炎を発症したという例もあります。 猫伝染性腹膜炎の感染のメカニズムが完全に明らかにされているわけではないので、一般に他の猫ちゃんにうつる可能性は低いですが、衛生管理を含めた注意を行う必要はあるでしょう。

伝染性腹膜炎の予防法は?

猫伝染性腹膜炎の発症には、ウイルスの突然変異やねこちゃん自身の免疫が関わっていると考えられています。ウイルスの突然変異を防ぐ方法は今のところ存在しません。 更に、変異元となる猫腸コロナウイルスを防ぐためのワクチンもありません。そのため、ご自宅でお家の猫ちゃんに対して出来ることとしては、猫ちゃん自身の免疫状態を正常に保つための食事をはじめとした栄養管理やストレスない環境づくりとても大切です。 また、猫免疫不全ウイルス(猫エイズ)や猫白血病ウイルスといった免疫を低下させてしまうウイルスの感染も発症の要因になります。これらの感染を予防するためには、ワクチン接種やこれらの病気を持っている可能性のある野良猫等との接触を避けることなどが有効です。 日常的な飼育環境の管理や必要な予防を行うことは猫ちゃんが快適に生活していくうえでとても大切です。また、常日頃から猫ちゃんの様子をしっかりと見ることでいつもと違う様子にすぐ気づいてあげられると良いですね。 上池台動物病院のFIP治療について 当院でのFIPの診断・治療に関しては こちらを参照の上ご相談下さい。 ラインでの無料相談も行なっています。