大腿ヘルニアの症例報告【一般外科】

11歳ミニチュアダックスの男の子です。

左股のところに大きなしこりという主訴で来院されました。一聞すると腫瘍?と思いますが‥

鼠径部に腸管のガスが見えています。ヘルニアです。

一般的には鼠径ヘルニアが多いですが今回の子は大量の脂肪と腸管が出ているため注意が必要です。術前検査を行い、ヘルニアの整復を行う事に。

大量の脂肪と腸管が鼠径部から出ています。

ヘルニア嚢を破き、中の臓器を傷つけないように慎重に確認。

今回の子はヘルニアの穴:ヘルニア孔が非常に大きくふさぐ事が難しいです。

一般的な治療としては筋肉同士を縫うだけで済むのですが、この症例みたいに孔が大きい場合にはそうもいきません。メッシュという人口的なシートを使う事もあります。しかしながら、今回は幸いにも未去勢の男の子だったため、精巣を覆っている総鞘膜を利用してヘルニアの穴をふさぎました。

10cmにもわたる穴を無事にふさぐことができました!

反対側の確認もするために今回は術部が大きくなってしまいましたが、単純な鼠径ヘルニアだけであれば術部を最小に済ます事も可能です。

今回のケース、実は鼠径ヘルニアではなく、「大腿ヘルニア」という病態なのです。大腿ヘルニアの場合は鼠径ヘルニアに比べ穴が大きく、治療後の再発も多く、難しい手術となります。

原因としては、論文での報告はないのですが、国内ではダックスに多いとされています。(解剖学的な問題?)

また、呼吸器や喉に障害があって腹圧がかかりやすい場合にこの病態になりやすいと言われています。当院では難しい手術に関しても積極的に治療しています。セカンドオピニオンも受け付けておりますので是非ご相談下さい。

関連記事

  1. 脾臓腫瘍の症例報告【一般外科】

  2. 多形紅斑の症例報告【総合診療科】

  3. 尿管結石の症例報告【泌尿器科】

  4. 肺高血圧の症例報告【循環器科】

  5. 眼瞼腫瘍の症例報告【眼科】

  6. 趾端の腫瘍の症例報告【腫瘍科】

カテゴリー

アーカイブ
PAGE TOP