大田区・西馬込駅で動物病院なら上池台動物病院

スタッフブログ BLOG

FIPの治療薬にはどんな種類がある?MUTIAN(ムティアン)やCFNの値段や副作用まとめ

FIPの治療薬にはどんな種類がある?

この記事の監修者

上野雅祐

上野雅祐

上池台動物病院の院長を務める。海外でのセミナーや国際学会、海外大学への短期留学などでジャンルに囚われない幅広いスキルを磨き、外科・腫瘍・皮膚等の専門的で総合的な治療を提供する。

▼略歴

  • 麻布大学 獣医学科卒業(学業成績優秀者)
  • 千葉県 中核の動物病院にて勤務医
  • 神奈川県 外科認定医・整形専門病院にて勤務医
  • 専門病院にて一般外科・整形外科に従事
  • 日本小動物がんセンター 研修医


▼所属学会・資格

 

「飼い猫にFIPの予兆があるから、動物病院に連れて行こうとしている。でも治療薬がとても高いと聞いて、不安になっている。」

「飼い猫がFIPを発症したときのために、どんな治療薬があるのか知っておきたい。」

このようにFIPの治療薬について、お悩みの方もいるのではないでしょうか。

今回はFIP治療薬の種類や値段を紹介します。副作用についても触れているため、ぜひ参考にしてください。

なお、もしあなたの愛猫がFIPを発症しているのであれば、無治療の場合は致死率はほぼ100%です。

当院には多くのFIP寛解実績があります。FIPは早期発見・治療が非常に重要なので、まずは以下より当院へご連絡ください。

病院で処方を受けられるFIPの治療薬と値段の目安

抱っこされる猫

病院で処方を受けられるFIP治療薬には、次のようなものがあります。

  • MUTIAN(ムティアン)
  • CFN
  • モルヌピラビル


どの治療薬を使うかは、病院の方針によって異なります。上記の治療薬を取り扱っていない病院もあるので、事前に確認しましょう。

①MUTIAN(ムティアン)

MUTIAN(ムティアン)の費用の目安は100万〜150万ほどです。

現在は「Xraphconn(ラプコン)」という薬名で流通しています。

もともとFIPの特効薬として「GS-441524」という薬があり、それを模倣する形で製造されました。あくまで模倣なので、「GS-441524」のジェネリックという扱いにはなりません。

MUTIANの投与でFIPが完治するケースは多数報告されており、下記のような研究結果もあります。

<研究結果>

  • ウェットタイプFIPに罹患した猫141匹にMUTIAN Xを投与。116匹が生き残り、残りの25匹が治療中に死亡した。(生存率82.2%)
  • 84日間の投薬後に生存していた116匹中、4週間以内に再発したのは3匹。(投薬終了後の再発率2.5%)

引用:Therapeutic Effects of Mutian® Xraphconn on 141 Client-Owned Cats with Feline Infectious Peritonitis Predicted by Total Bilirubin Levels – PMC

生存率は約8割と、従来まで「発症したら死にいたる病気」とされていたFIPの常識を覆す治療薬といえます。

副作用としては肝機能の低下や消化器症状(下痢や嘔吐)などが起こる可能性がありますが、いずれも軽度〜中等度であるため、許容範囲と考えられています。

当院では医師の診察のもとMUTIANを処方しているので、ぜひご相談ください。

②CFN

CFNの費用の目安は100万〜150万ほどです。

MUTIANの製造会社に勤めていた社員が独立して作った薬で、MUTIANと製造方法や成分は同じといわれています。価格としては、MUTIANとほぼ同額〜MUTIANより少し高い程度です。

MUTIANと同じく、FIPが完治するケースも報告されています。

病院によってはMUTIANではなくCFNを扱っている場合もありますが、MUTIANと比べて流通量が少なく、在庫数に不安がある点が懸念事項です。

副作用としてはMUTIANと同じく、肝機能低下や消化器症状(下痢や嘔吐)などが起こる可能性があります。

③モルヌピラビル

モルヌピラビルの費用相場はこれまで流通していた薬の1/4程度といわれていますが、まだわかっていないことも多く、値段ははっきりしません。

もともとは人間の新型コロナウイルス治療薬として承認されたもので、FIP治療にも有効と注目されています。

ただし安全性が確立されておらず、催奇形性や発がん性があるという指摘もあり、病院によって取り扱うかどうかの考え方が異なります。

値段が安いという部分だけで安易に判断せず、使用するかどうかは医師とよく相談しましょう。

なお、FIP治療についてはこちらの記事で詳しく解説しています。治療についても知っておくことで、愛猫にFIPの予兆が現れたときに迅速な対応ができるでしょう。

FIP治療に使える認可薬は存在する?現状は未承認の薬が主流

書類

FIP治療に使える認可薬は現状存在せず、動物病院では未承認の薬が処方されます。

MUTIANやCFNなどはFIPに効果的とされていますが、どちらも認可を受けた薬ではありません。重篤な副作用はなく、実用性のある薬と報告されているものの、使用する際は医師の判断を仰ぐべきでしょう。

またモルヌピラビルはあくまで、人間の新型コロナウイルスの内服薬として認可された薬です。猫に対しての副作用や効果はわからない部分が大きいため、投与は慎重に判断すべきといえます。

FIPの治療薬は個人輸入できる?出回っていても個人の判断で購入すべきではない

スマートフォンの操作

FIPの治療薬は一部の通販サイトで出回っていますが、個人で購入し投与すべきではありません。治療薬を投与できる状態なのかどうかや、治療薬の適切な使用方法を個人で判断するのは難しいためです。

さらに通販サイトでは、偽物や粗悪品が売られている恐れもあります。飼い猫の健康のためにも、必ず医師の判断のもと処方してもらいましょう。

FIPの治療薬の投与方法は?経口と注射の両方がある

FIPの治療

FIPの治療薬の投与方法は経口と注射の2種類がありますが、現在は経口投与が主流です。84日間、毎日投与して1週間に1回のペースで経過観察をします。

猫に経口薬を飲ませるときは、下記の方法がおすすめです。

  1. 猫の口の奥に薬を入れる
  2. 口を塞ぎ、そのまま犬歯のわきから注射器などで水を少量流し込む
  3. 上を向かせて喉の部分を優しくさすってあげる

喉をさすっていると、喉の動きで飲み込んだかどうかの確認ができます。

注射の場合も毎日投与が必要であり、飼い主自身が打つことになりますが、刺激が強く難しい作業であるためほとんど選ばれません。

まとめ

猫

FIPの治療にはMUTIANやCFNが効果的とされており、完治した例も報告されています。

一部の通販サイトでは治療薬が出回っていますが、偽物や粗悪品の可能性もあるため購入はおすすめできません。

なお、もしあなたの愛猫がFIPを発症しているのであれば、無治療の場合は致死率はほぼ100%です。

当院には多くのFIP寛解実績があります。FIPは早期発見・治療が非常に重要なので、まずは以下より当院へご連絡ください。

RANKINGRANKIGの関連記事