大田区・西馬込駅で動物病院なら上池台動物病院

スタッフブログ BLOG

猫の乳腺腫瘍(乳がん)とは?症状や治療について【画像あり】

猫の乳腺腫瘍(乳がん)とは?症状や治療について

猫の乳腺腫瘍は85〜95%が悪性といわれており、早期に治療しないと命にかかわる病気です。

「うちの子も乳腺腫瘍かも…。」
「手術しないとダメ?」

このような不安を抱いている飼い主さんもいるでしょう。

この記事では、猫の乳腺腫瘍とは何かや、症状や治療について解説しています。

なお当院には、猫の乳腺腫瘍において数多くの治療実績があります。猫の乳腺腫瘍は早期治療が重要なので、まずは愛猫の状態について教えてください。

当院の腫瘍治療について

※本記事では、実際の治療(腹部の切開)の写真を掲載しています。苦手な方はご注意ください。

目次

猫の乳腺腫瘍とは?乳腺組織が腫瘍化する病気

猫の乳腺腫瘍

乳腺腫瘍とは、猫のお腹側にできるできもの(腫瘍)です。左右4対のおっぱいの周辺ならどこにでもできます。

触ると固い場合が多く、複数個できるときもあります。また、4分の1程度の割合で、表面に壊死が見られることも。

「乳腺腫瘍」という名前からメスにのみに発症すると思われがちですが、オスでも発症することがあります。

猫の乳腺腫瘍の特徴

座っている猫

「腫瘍=がん」と思っている方も多いかもしれませんが、そうとも限りません。良性のときもあります。

ですが、悲しいことに猫の乳腺腫瘍の85〜95%は悪性といわれており、良性は稀です。

見た目

触ると固い感じがするものの、腫瘍が良性か悪性かは、見た目だけでは簡単に分かりません

以下は、実際に当院で乳腺腫瘍の摘出を行った際の手術前の写真です。右第3、第4乳腺の間くらいに極小のしこりがある状態ではあるものの、写真だけではほとんど確認ができません。

猫の乳腺腫瘍の症例 手術前

この症例では、事前に針を刺して細胞を確認していた右側の乳腺は良性腫瘍だったものの、手術を行った際に左第1乳腺近くに悪性腫瘍が認められました。

この症例からも、見た目からの判断がいかに難しいかが分かるでしょう。

一般的に悪性腫瘍の方が、赤みがあることが多いです。表面がボコボコしていたりゴツゴツとした触り心地であったりする場合も、悪性の可能性が高いでしょう。

しかし、「猫乳腺線維腺腫様過形成」と呼ばれる、乳腺が急に大きく腫れあがる良性の疾患も存在します。やはり、外観からだけでは良性・悪性の正確な判断を下すのは難しいといえるでしょう。

症状

悪性腫瘍の方が疼痛があることが多いとされていますが、腫瘍が自壊するようなケースを除き、乳腺腫瘍特有の症状はほとんどありません

ただし、腫瘍が転移している場合は、それに伴った呼吸促迫などの症状が起こる場合があります。

猫の乳腺腫瘍は何歳くらいで発症する?12歳がピーク

二匹並んで座っている猫

猫の乳腺腫瘍は、9歳以降に発生率が増加します。その中でも12歳がピークです。

ただし、若ければ発症しないというわけではなく、2歳での発症報告もあります。

猫の乳腺腫瘍は転移する

「Metastasis」の文字

猫の乳腺腫瘍の転移率は50〜90%とかなり高い確率です。

その中でも、

  • リンパ節、肺:83%
  • 肝臓:25%
  • 胸膜:22%

の確率で転移するといわれています。

転移を予防するために何より大切なのは、早期発見です。気になるできものがあれば、なるべく早くご来院されることをおすすめします。

当院の腫瘍治療について

猫が乳腺腫瘍を発症する原因

シャム猫

猫の乳腺腫瘍は、以下のような要因で発症しやすくなります。

  • 猫種による遺伝的要因
  • 未避妊であること
  • プロゲスチンの投与歴

猫種による遺伝的要因

猫の乳腺腫瘍は、特にシャム系で発生しやすいといわれており、その割合は他の猫の2倍にのぼります。

診断される年齢も若い傾向にあり、遺伝的要因が示唆されています。

未避妊であること

未避妊であることも、乳腺腫瘍の原因の一つです。

避妊手術を受けていない子の発症率は、避妊している子に比べて7倍も高くなります。

また、避妊時期も大切です。手術をする時期が早いほど乳腺腫瘍の発症率は下がるため、できるだけ早いうちに受けさせることをおすすめします。

プロゲスチンの投与歴

プロゲスチンというホルモン製剤の投与歴も関係します。オスでもこのお薬を使用したことがあれば、乳腺腫瘍を発症するリスクはあるでしょう。

猫の胸のしこりが乳腺腫瘍かどうか自分で見分ける方法はある?自己判断は難しい

虫眼鏡と白十字

見たり触ったりしただけでは、乳腺腫瘍かどうかはわかりません

しかし、小さくてもコリっとしたできものがあれば、乳腺腫瘍の可能性があります。また、しこりが一つだけではなく、複数ある場合も疑わしいといえます。

とはいえ、乳腺腫瘍かどうかの判断は難しいため、気になる場合は早めにご来院ください。

当院の腫瘍治療について

猫の乳腺腫瘍の検査方法

病院で検査する猫

レントゲンとエコーの画像検査で、その他の部分に腫瘍がないか、もしくは転移のようなものがないか調べます。しかし、レントゲンやエコーの見た目では何の腫瘍かまでは分かりません。

乳腺腫瘍の検査や診断に一番有用なのが、できものに針を刺すFNAという検査です。できものから細胞を採取し、検査を実施します。

猫の乳腺腫瘍を検査するために実施するFNA

乳腺腫瘍の疑いがあるのかどうかは、この検査で大方判断がつきます。

猫の乳腺腫瘍の治療方法は?外科手術が基本

猫の乳腺腫瘍の手術

猫の乳腺腫瘍の治療は、基本的に外科手術による摘出です。できものを含めて乳腺を全て取るのが一般的です。

左右全ての乳腺を取るのか、できものがある側の乳腺のみを取るのかは、腫瘍の位置やサイズによって変わります。実施前に獣医と相談して決めることになるでしょう。

しかし、既に肺などに転移している場合はオペの適応外になることもあります。術後は、再発や転移の予防のために化学療法(お薬の投与)を行うこともあります。

猫の乳腺腫瘍は治療で完全に治る?手術を行うタイミング次第

白十字が描かれたハートの模型と聴診器

手術によって腫瘍が全て取り除かれれば、少なくとも一時的には完治します。

しかし、悪性の場合は転移や再発も多く、他の健康な子と同じだけの余生を過ごせるかというと、その答えは残念ながら”No”です。悲しいことに、猫の乳腺腫瘍の85〜95%は悪性です。

ただし、腫瘍が数ミリくらいのごく小さい段階で手術を行った場合であれば、完治しその後長生きする子もいます。

何より大切なのは、できる限り早期に診断・治療することです。

当院の腫瘍治療について

猫の乳腺腫瘍を予防するには?

お腹を触られている猫

猫の乳腺腫瘍を予防するには、以下の2点が大切です。

  • 早期に避妊手術を受ける
  • 定期的に腹部の様子を確認する

早期に避妊手術を受ける

避妊手術をする月齢が早ければ早いほど、乳腺腫瘍の発生リスクは低下するといわれています。

避妊手術をする月齢乳腺腫瘍の発生リスク低下率
6ヶ月以下91%
7〜12ヶ月86%
13〜24ヶ月11%

1歳を超えてからの避妊手術では乳腺腫瘍の予防にはならないといわれているので、避妊手術はなるべく早く受けさせることをおすすめします。

定期的に腹部の様子を確認する

猫の乳腺腫瘍を予防するのに最も大切なことは、「早期発見、早期治療」です。

普段から多くのスキンシップをはかり、「こんなできものあったかな?」と気付けることが何より効果的な予防方法です。

自宅で猫の乳腺腫瘍が自壊したときの応急処置は?清潔に保つことが重要

生理用ナプキン

自壊が起きた場合は感染を起こさないように、清潔にしておくことが望ましいです。

その際に、下手に人間用の消毒薬や薬を使用してはいけません。逆効果となることもあるので、お水でケアする程度にしてください。

また、包帯などを直接巻くと、自壊部分がくっついてしまうことがあります。細かい穴を開けたビニールやラップをあて、その上から人間用のナプキン等で保護するとよいでしょう。

【画像あり】当院における猫の乳腺腫瘍の症例

猫の乳腺腫瘍に対して、両側全摘を行った症例です。

猫の乳腺腫瘍の症例 手術前

右の第3、第4乳腺の間くらいに極小のしこりがあり、針を刺して細胞を確認したところ悪性の疑いが強かったため、外科手術を行いました。

猫の乳腺腫瘍の症例 腹部の切開

1回目の手術では、右側の乳腺を全て切除した他、左の第1乳腺近くにもしこりが見つかったため、そちらも部分的に切除しました。

このときの病理検査では、事前の検査で悪性と診断された右側の乳腺は良性腫瘍でしたが、左側のしこりは悪性腫瘍でした。

▼切除した右側の乳腺

猫の乳腺腫瘍の症例 切除した乳腺
猫の乳腺腫瘍の症例 切除した乳腺

▼部分的に切除した左の第1乳腺近くの腫瘍

猫の乳腺腫瘍の症例 部分的に摘出した腫瘍

左側の乳腺に悪性腫瘍があったことを受け、約1か月後には左側の乳腺を全て切除しました。

しかし、乳腺を全摘出したものの、悪性腫瘍は脇の部分にある「腋窩リンパ節」へも転移していました。2年後に左脇の部分に再度しこりが認められたため、部分的に摘出しています。

猫の乳腺腫瘍の症例 2度目の手術

この症例から分かることは、以下の2点です。

  • 1症例の中でも良性腫瘍と悪性腫瘍が混在することがある
  • 悪性腫瘍や転移があっても、外科手術によって2年以上の予後が見込める

当院の腫瘍治療について

猫の乳腺腫瘍の手術費用

クエスチョンマークのブロックと電卓
手術内容目安費用
腫瘍を部分的に摘出10〜15万円
片側の乳腺を全て切除30〜40万円
両側の乳腺を全て切除45〜55万円

必要処置によっても変わるので、概算としてご確認ください。

猫の乳腺腫瘍に関するよくある質問

クエスチョンマーク

猫の乳腺腫瘍に関するよくある質問に対し、獣医師が回答します。

Q猫の乳腺腫瘍が自壊した際、人間の生理用ナプキンで応急処置をしても大丈夫ですか?

大丈夫です。

ただし、長時間付けっぱなしにしておくと、しょう液や血液が固まり、ナプキンを剥がすときに再度出血しやすいです。防止するためにも、細かい穴を開けたビニールやラップを自壊部分とナプキンの間に入れてあげましょう。

Q乳腺腫瘍と乳がんは同じ意味ですか?

違います。

乳がんとは悪性の乳腺腫瘍のことです。乳腺腫瘍には良性のものもあるため、一概にがんと同じとはいえません。

Q乳腺腫瘍を発症するのはメス猫だけですか?

稀ではありますが、オスでも1〜5%の子で発症します。

ただし、そのうちの3割程はプロゲスチンの投与歴がある子です。

Q乳腺腫瘍を発症しやすい猫種はありますか?

ペルシャやシャムは発症しやすい傾向があります。

特にシャムは、発症リスクが他の猫種よりも2倍ほど高く、診断される年齢も若い傾向にあり、遺伝的要因が示唆されています。

Q猫の乳腺腫瘍の治療にペット保険は使えますか?

基本的には使えます。

ただし、加入している保険の内容にもよるので、一度ご確認ください。

【まとめ】猫の乳腺腫瘍は早期発見・早期治療が大切

猫の手

猫の乳腺腫瘍は、悲しいことに85〜95%は悪性といわれています。また、転移率は50〜90%と非常に高いです。

命にかかわる病気であるため、早期発見・早期治療が大切です。日頃からスキンシップをこころがけ、腹部に違和感を感じるようであれば診察を受けさせましょう。

なお当院には、猫の乳腺腫瘍において数多くの治療実績があります。認定医による精度の高い検査・治療が可能なので、ぜひご相談ください。

当院の腫瘍治療について

RANKINGRANKIGの関連記事